水槽と籠の隙間で

ARTICLE PAGE

in 60規格水槽

リサイクル

-0 COMMENT
さて、昨日不慮の事故で破壊された吸水バイオレットグラスですが、いくらDo!の方だとはいえ、やはり値段はそこそこ高い訳ですよ。
なんか基本的にアクア器具やバクテリアは高価なもんで感覚が狂いがちですが、約4000円弱っていったらそこそこオシャンティなお店で美味しい夕ご飯が食べられる訳ですよ。地元ではうな重とか2杯食えちゃう訳なんですよ。
しかも買って1年も経ってないし!

もったいない!

ということでDIY工具を引っ張り出してきてガラス管部分を切断、そしていつものようにアクリルパイプを曲げ曲げ。
今まで塩を詰めて曲げていたのですが、今回は6mmのゴム線を使用したので、塩詰めで曲げた時に出る内部の凹凸が出ず綺麗に仕上がりました。
その二つを透明ホースで繋いで、完成。

365.jpg

バイオレットグラスのスタイリッシュ感は綺麗に消し飛びましたが、家にあるものだけで材料も加工も済んだので、今回の出費はゴム線1mの約600円だけで済んだってことでお財布には優しいです。

366.jpg

しかし今回の割れ方がちょうど曲がっている部分だけだったので出来るリサイクル方法ですね。先端が割れなくて本当に良かった。ただこの透明ホースは恐らく水に付けておくと白くなってしまうものなので、その都度交換か…もしくは白くならないちょっと高いホースを買って対策しなければいけないかな、という感じ。
まぁ実質ミクロソリウムに隠れてしまうものなので、気にしなければいいだけの問題なのですが。

流石に丸見えの90H水槽の方が割れてしまった場合は買い替えるかなw
あちらはADAの方なので割れてほしくはないですが…。


そうそう、ゴム線を買いに行ったのは白部さんを買ったホムセンなのですが、今日そこを見に行ったらなんとレッドスネークヘッドの幼魚が4匹売っていました。価格は1200円…安ッ。
レッドスネークヘッドといえば大型SHの代表格。自然界では100cm、飼育下でも大きくなる時は60cm以上になるそうです。そんな大型魚なので、幼魚とはいえ白部さんが我が家に来たての頃ぐらいのサイズはありました。
こんなホイと買えるもんでもない大型魚の幼魚を4匹も売って大丈夫なのだろうかと不安になりつつ眺めてましたが、あまりスネークヘッドっぽくないスマートな顔つきと、鮮やかな赤ラインはとても可愛かったですね。個人的にレッドは幼魚の頃の見た目の方が好きなので、あのカラーのまま30cmくらいで止まってくれるのなら買いたかった種類です。

まぁ、60cm越えの大型魚など夢のまた夢ですけどね。



rank.png

水槽機材DIY

  • Share

0 Comments

Leave a comment