水槽と籠の隙間で

ARTICLE PAGE

in 90H水槽

整頓

-0 COMMENT
ホースのせいで取り回しにくい上にポピーグラスやらの取り外しもしにくい90H水槽。

399.jpg

真ん中に置いてあるサブ2217は繋いですらいないw
キャビネット内のモノは少ないですが、とにかくホースがね…邪魔です。

16/22mmホースって外部では初めて使用したのですが、妙に硬いですね。個人的には出水・吸水パイプは綺麗に設置ガラス面から90度の角度&まっすぐ縦に掛かっていて欲しいのですが、ホースが硬いせいでズレるズレる。キスゴム付けてもホースの元のまとめてあった形に戻ろうという力の方が強くてあっさり外れるし。
特にエーハイムのホースは肉厚なので、硬くてホース接続口にねじ込むだけで一苦労。そのせいでホースやパイプ類の掃除もサボりがちに。
やってられるか!っていう訳ですよ。

てわけで昨日から今日に掛けての深夜、塩ビ管と格闘しました。

396.jpg

2個ほどエルボを無駄にしてしまい、数が足りなくなって2217の出水側の配管が終わりませんでしたが、大体は完了。
サブ2217も繋ぎました。本当はサブ2217の前にクーラーを繋ぐ予定だったのですが、OF水槽撤去時に使っていたホースを引っこ抜こうとしたら、なんとねじ切ってしまいましてwそれを買い替えてから繋ぐ予定。
仕事が終わって余裕出来たら、配線の方もスッキリさせたいです。

そして取り外ししにくくて掃除をさぼっていたグラス達付近。

397.jpg

ダブルタップで全部簡単に取り外せるように改良。手前のはエーハイムですが、奥のはボールバルブとユニオン継手で自作しました。一応1個あたり1000円弱の削減に。エーハイムのダブルタップ含め、結構デカいですが水槽自体がデカいので全く気にならないです。

外部使う時はかなりグッチャリになりがちですが、今回はかなりスッキリさせる事ができたなといった所。
90L水槽やベタ水槽も配管は殆ど露出していないので、グッチャリ配管は残す所30水槽一つですねw



rank.png

水槽機材

  • Share

0 Comments

Leave a comment