水槽と籠の隙間で

ARTICLE PAGE

in 

突然の訪問者

-0 COMMENT
3日早朝、家族と朝のニュースを見ながらのんびり朝ごはんを食べていると、突然背後の窓からゴツン!という音が。
振り返ると、ベランダに小さな鳥がひっくり返ってました。母親に「死んじゃった?」と聞かれ近づくと、ピョコリと立ちあがる鳥。

1248.jpg 

か、かわいい…。

友人にソウシチョウだと教えて貰いました。
動かずにいたので、怪我をしていた場合に保護できるよう浅樹さんのキャリーケースをお借りして確保。

1249.jpg 

じっとしていた時は指が折れているように見えましたがそんな事もなかったようで、1時間後には我に返って籠の中を右往左往してました。
大丈夫なら帰りなさいと放したのですが、そのまま吸い込まれるように庭の温室にインしてガラス戸に衝突し、また脳震盪起こしてましたw

1250.jpg 

アホの子か。

帰した後に知ったのですが、ソウシチョウは特定外来種のようですね。
80年以降大量に輸入されたものの、人気が下火になった際に手に余った悪質なペット販売業者が遺棄したものが居ついたようです。
一時人気が出た理由もなんか分かります。ほんっとーに可愛いかったのでw 許可されるなら届け出出して飼いたいレベルに好みど真ん中な顔しててギャンギャンきましたよw

そういえば最近は浅樹さんと同種であるワカケホンセイインコが東京で野生化し、問題になっていますね。ワカケは桜の花を食べちゃうので。挙句食い維持張ってますし、鳴き声はうるさいですしw
このまま生活圏を広げ、被害が多数報告されればもしかしたら将来的にワカケも特定外来種に指定されてしまう可能性もなきにしもあらずな訳ですが…なんとも難しい問題ですよね、こういうのは。

  • Share

0 Comments

Leave a comment