水槽と籠の隙間で

ワカケホンセイインコとブラックゴーストとエンゼルフィッシュ達に囲まれて綴る日々。

ペレット切り替え話

0   0

1255.jpg 

かねてより「シードは栄養偏りがち。ペレットの方がいい!」という意見をよく聞きますが、別に私は鳥が美味しそうに食って健康であればなんでもいい派ではあります。ただ、どうも浅樹さんは野菜・果物以外のサブフードが苦手。
塩土は入れた当初はちらりと舐めましたが、小さなサイズすら結局消費せず水にドボンして終わりました(※どうやら最近は塩土自体あまりよくないものという話も。そもそも野生の鳥が土を食べるのも、元々は解毒の為でミネラルと塩分補給の為ではない)。カトルボーンは最初こそかじったけれど今はないものとして扱っています。ボレー粉はそもそもエサとすら思っていない様子…。
しかも結構偏食気味で一種類を集中して食べる癖があり、栄養価の高いと言われている種類はことごとく避けてます。

これは偏る可能性が高い…?

という事で、ペレットを主食にできたらなぁとペレット食に切り替える事に。ですがペレットはシードに比べるとやはり美味しくないとのことで、幼鳥のうちに慣れていないと結構苦労するという話…。
まず最初に与えたのは、他の食餌から切り替える時にこれを使うと良いと書かれた「ラウディブッシュ デイリーメンテナンス」

【ラウディブッシュ】デイリーメンテナンス ミニ 227g
ラウディブッシュ
売り上げランキング: 345,985

これがまぁ食べない事食べない事;
一時、気温が落ちてきた時に体重が103gまで落ちた事があって、その時に非常食としてフォーミュラー3を与えた所、ムシャムシャと食べたのでついでに慣れさせてしまえと粟と一緒に溶いて食べさせたのですが、最初こそチマチマ食べたもののすぐに粟だけを選別するように。
これはだめだな…って事でお試しパックだったしで即廃棄。

次に買ったのは「ズプリーム フルーツブレンドM」


見るからにアメリカ色ですw臭いもすっごい甘い…。
それらに少々心配になったのですが、どうやらバードフードに対してアメリカはかなり進んでいるそうです。むしろバードフードに関しては国産の方がゴニョゴニョ…とか。
お試しパックで50gを購入しましたが、これは驚くぐらい食べてくれた。ですが中型用のペレットなのに浅樹さんにはちょっと固すぎたようでw食べるのに苦労してたので砕いて与えてました。

なかなかに当たりだったズプリーム フルーツブレンド。お試しサイズがあっという間に少なくなったので、正規品を発注。

ちなみに選んだ粒サイズはSサイズ。
最初「形が変わったら食べなくなるかなぁ(※鳥はそういうところで変な好み発揮するので)」とも思いましたが、むしろMサイズより食べやすいようで現在もよく食べてくれています。
流石にペレットだけじゃ味気ないよね…ってことで、以前までメインに使っていたシードと麻の実、ひまわりの種も共に置いていますが麻の実をついばむ程度で完全にペレット食へと移行してくれました。

お陰さまでウンコがすっごい色してます…。まぁ変化があったのは色ぐらいで「半生フルーツフード」を食べ過ぎた時よりは健康そうなウンコなので気にしてませんがw

1256.jpg

餌は魚と同じく全部種類分けしてきっちりまとめてます。

ペレットは殻がない分、どれだけ餌を食べたかがわかりにくいという点があるので、最近は1~2日おきに体重測定をしています。平均して107gぐらい。

まだ1歳未満ですし、ワカケの情報は意外と少ないのでそういった判断が難しい所ですが、成鳥の平均が125gと書かれていたので痩せすぎ…?とちょっと不安になったりもしましたが、どうやら130g級になるのはオスの方だそうで、メスは大体110gぐらいという情報も。

ということはやっぱ浅樹さんはメスなのかな?

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aquachimera.blog.fc2.com/tb.php/358-277dc745
該当の記事は見つかりませんでした。