水槽と籠の隙間で

ARTICLE PAGE

in 

新居

-0 COMMENT
最近「もう一羽ぐらいなら…」思ってしまう事が多く、実際もう1羽中型ぐらいまでならお迎えしても大丈夫だとは思うのですが…なるべくなら浅樹さん1羽に注力したい。
そんな多頭飼いの迷いを断ち切るべく、ある方法を実施いたしました。

それは…

1344.jpg 

カゴの拡張!

というわけでHOEI465から915へ拡張しました。うーん、でかい!
HOEI915を購入するに当たって、下に引き出しトレーがないというのがちょっと不安要素だったのですが、レビューで「意外とこっちの方が楽」なんて意見もあったりして。
まぁとりあえず使ってみよう、と。
もしトレーが欲しくなった場合は、下にトレーっぽいものを入れられるように改良しちゃってもいいですしね。

組み立て消毒し、部屋に設置していると、鳥ジャングルジムに待機させていた浅樹さんが様子が気になるようでよじ登ってきました。

1347.jpg

作業の邪魔をしないでくださいな。

1348.jpg /いつもの部屋じゃない!\

私が誘導する前に勝手に入り込む家主。
気が早いですよ。

1346.jpg

流石に付属の餌箱は大きすぎるので、浅型バード食器Sで揃えました。1日の量としてはこのサイズで充分です。
太い格子に合わせて針金の調整に苦戦しましたが、なんとか全部設置。

ちなみに浅樹さんは餌箱外しが大好き。
この手の引っかける奴は少しでも緩んでいるとひっくり返して遊んでしまうので、がっちりハメこみましたよ。

1345.jpg
/取れねぇ!\

現段階の問題点として、
・付属の止まり木が太すぎてその部分だけ踏ん張れずによく滑っている。
・止まり木の配置が今までと違うので、横移動しようとして足を踏み外して既に3回ぐらい落下している。
というのがあります。
市販のカゴにひっかけるタイプの止まり木って50cm超えは地元には売ってないので、適当に丸棒を買ってきて加工するか、今ある奴を削って細くするかのどちらかの方法を取るしかないかなと思います。
足踏み外す件に関しては、浅樹さんに早くこの環境に慣れてもらうしかありませんねw

使っていけばまた別の利点や問題点も浮上してくると思うので、HOEI465はまだ捨てずに保存しておこうと思いますw
とりあえず「もうひとつカゴが余ってるからもう一羽お迎え出来る!」みたいな本末転倒な事態にならないよう気を付けたいと思いますw

インコ

  • Share

0 Comments

Leave a comment