FC2ブログ

水槽と籠の隙間で

ARTICLE PAGE

in 90H水槽

新参者大暴れ

-0 COMMENT
4年前、箱フレさんから譲って頂きお迎えしたセブラとメッシュ。そのゼブラがついに星になりました。
エンゼルフィッシュの寿命は5年というので、ちょっと気が早いよ…と思いつつ、ガリガリになりつつも4歳を超えてくれましたし、なんだかんだで子孫も残すことが出来たのでお疲れ様、という気持ちも。
エンゼルを飼育するきっかけにもなった2匹でしたし、60WOF水槽からの古参勢最後の一匹でもあったのでなんだかセンチな気分になります。
あまり仲の良い姉妹じゃなかったけれど、天国でメッシュと仲良くしろよー。

そんなゼブラの血を受け継いだ一心が最近何故か怯え気味。というか、冥くんも同様。

1463.jpg

エンゼルが常に物陰に隠れる時は、大抵エンゼル達にとってなにか良くない事が起こっています。
基本は水槽内を悠々と泳いでる筈の魚ですからね…。

1461.jpg

よく観察すると全員ヒレが微妙にすり減っています。
エンゼル同士の喧嘩ではこういうすり減り方はあまりしません(思いっきり削れるか破れるかするので) 。

そして以前から気になっていた事が一点ありました。

1462.jpg

それがフナ夫。

こいつ、しょっちゅうエンゼルを追いかけまわしてちょっかいを出していたというか、エンゼルを舐めているんですよね。
やってきた当初はまだ小さかったので良かったのですが、ここへきてエンゼルとサイズがそう変わらなくなってきてます。おそらく大きくなって舐める力が上がったせいで、でエンゼルのヒレが擦り切れるようになってしまったのでは、というのが私の見解。
あまり体表が舐められ過ぎると病気にもなりやすくなってしまうので、あまり酷いようなら60H水槽に出戻りする事になるかもしれませんね;
このサイズならオスカー軍曹に食べられてしまう事もないでしょうし。

そして90H水槽の問題はフナ夫だけではありません。

1464.jpg

今日発見してびっくりしたのですが、ナナがいつの間にか丸裸に!

水草をバリる黒介さんはいないので、もう90H水槽で水草のトラブルはないだろうと思っていたらコレです。しかも見て分かるように、水草の不調で枯れたのではなく、確実に誰かが荒らしているのです。
プレコは沢山いますが、流石にこんな食べ方はしません。

そしてこれの犯人は恐らくこいつ…。

1465.jpg

 45S水槽を閉じるにあたって引っ越してきたこのちっちゃな南米淡水フグ。

45S水槽でもそういえば水草を散々荒らして回っていました。
南米淡水フグは水草水槽でも大丈夫!なんて意見もネットで見かけましたが、あんなん嘘ですね!!1匹しかいないのに、90H水槽にいれたアヌビアス・ナナ4株が既に丸裸ですよ!(うち2株はどうしようもならないので廃棄しました…)
恐らく歯が伸びないように硬めの水草を噛んでいるのでしょう。そのせいか柔らかめの葉であるニムファは無事です。あとお気に召さないのかミクロソリウム種も無事。とにかくナナばかり噛んでいるようです。
そのおかげか、以前は歯切りが必要なほど伸びていたフグの歯は殆ど伸びていません。まぁ…私がやる手間が無くなったのはいいけれどw水景が…;
ナナは葉噛み用にある程度残すとして、あまり噛まれない種類の水草を投入しないとちょっと色々と見苦しいですね;

ちょっと落ち着くかなーと思ったのですが、やっぱり新参者は何かしらトラブル運んできますねー…。
困ったものです。

エンゼルフィッシュフグ水草コイ

  • Share

0 Comments

Leave a comment