FC2ブログ

水槽と籠の隙間で

ARTICLE PAGE

in その他

名古屋港水族館

-0 COMMENT
先週の土日に家族の用事で名古屋に行っていました。
いつもの新幹線&徒歩移動ではなく、家から直接車での移動だったので、寝てればいい点はとても楽でしたw
1日目は用事があったので、2日目に開園時間から名古屋港水族館へ。

1466.jpg 
父と祖母は他の所も回りたかったようなので二手に分かれ、私と母はのんびりと出発時間の2時前まで水族館をじっくり楽しみました。

名古屋港水族館は北館と南館に分かれており、北館はシャチ、イルカ等の海獣類のみで構成されているようです。

1475.jpg

シャチ水槽も、イルカ水槽も、ベルーガ水槽もとにかく大きい!唯一マトモに写真が取れたのがこれ↑のみでした。他は大きすぎてなかなか…w
イルカ水槽前に座って見られる広場があったので、30分ほど座って観察。この水槽は上部がショーの施設になっており、ここで飼育されているバンドウイルカとカマイルカ達が皆時間になるとショーに参加するようです。
ここに居る時はまだショーの前だったので、イルカは自由に遊んでいました。
そして始まるイルカの一人遊びw やっていたのがこの子だけでは無かったので、イルカ内で流行っている遊びなのでしょうか?
頭のいい動物なんだなぁというのがしみじみと伝わりました。

ベルーガの訓練風景は後半の方しか見られなかった上に、人が多くて何をしているのか分からなかったのは残念でしたが、ショー終わって人がハケた後も暫く餌をあげたり、健康診断をしたりしてたのがじっくり見られたので良かったです。
ベルーガを眺めていて、おまえそこから声出るんか…という衝撃w

1476.jpg

ベルーガ水槽を出たら先程の大イルカ水槽のショーが丁度始まったのでそれを見た後に南館へ移動。
こちらは魚がメインのようです。

中でも私の目を惹いたのが巨大なリーフタンクの数々。

1472.jpg

1470.jpg

1471.jpg

1469.jpg    
水族館は色々行きましたが、私が行った水族館に珊瑚水槽はあっても、ここまで規模のものは見た事がありません。圧巻でした。
アクアリウムを始めるきっかけが元々海水水槽の方でしたし、実際ブログを始める前まではリーフタンクをやっていたので色々と感慨深いものがありますw

1467.jpg

当時飼っていたプテラポゴン・カウデルニィの群れを発見。
この魚には餌関係で色々と苦労させられましたが、魚影を見ると今のエンゼル好きに繋がっているような気がしないでもないですw
まぁ海の熱帯魚で一番好きなのはハタタテハゼなんですけどね!

1473.jpg

1474.jpg

1468.jpg

名古屋港水族館は本当に海水に力を入れてあるみたいで、淡水は殆ど無いようです。多分レインボーフィッシュ水槽とあと数点ぐらい?   

ちなみにウミガメ水槽エリアでは、赤ちゃんが9月の始めに産まれたばかりで小さな赤ちゃんウミガメが展示してありました。

可愛すぎて暫く母と共に釘付けw他のお客さんにも大人気でした。
その後もペンギンの餌やりを見たり、ラーメンフェスタに行く予定にもかかわらずラーメン食べたり。

4時間以上かけて楽しんだ名古屋港水族館、かなり楽しかったです…!
せっかく車で来たのだから、水族館に来ると分かっていればいつものカメラを持って行ったのですけどねー…今回もアイフォンカメラで失礼しました。

今回、本当にリーフタンクエリアが綺麗だったので、やっぱり沖縄の美ら海水族館とかも行ってみたいなぁという気分になりました。
自分でリーフタンクやるには管理と維持費がとにかくキツかったので、改めて海水に手を出す事はないと思いますがwやはりサンゴもいいなぁと。

水族館

  • Share

0 Comments

Leave a comment