水槽と籠の隙間で

ARTICLE PAGE

in その他

ひと段落

-0 COMMENT
仕事がひと段落し、不足していた睡眠を貪って復活しました、空廼です。
仕事してる間はどうしても水槽管理が杜撰になるというか、1週間毎の定期掃除すら出来なくなるので、明日は全部まとめて掃除の日です。
秋頃までは良かったのですが、この時期になると水が冷たくてまず温めなきゃいけないのが面倒ですね…。基本沸かしたお湯を追加して気持温めてから使っているのですが、1人用ケルトを使ってるので効率が悪いったらないよ。
90に切り替えたらその辺も考えておかないとなぁ。

という訳で、90に切り替えを決心してから色々調べております。
水槽本体、フィルター、濾材、ライトは問題ないのですが、とにかく水槽台に困っております。

一般的に流通している90用水槽台は大きくても90×45×45までを想定して作ってあって、まぁ有名どころのプロスタイルの水槽台などは耐荷重260kg以下。
私が使おうと思っている90×45×60は水量だけでも約250Lという、120水槽並み、もしくはそれ以上の重量。これに石やら何やら入れる事を考えたら、やはり耐荷重は300kg↑欲しいなと。最初プロスタイルの9000円程の台をベースに中に補強入れまくれば安上がりで済むかな思ったのですが、補強でどこまで耐荷重を引き上げられるかも判らない。
幸い私の実家は車工業系の工場を営んでいるので、やろうと思えばスチールで補強も可能なんですけどね。

まぁ水槽台の事はとりあえず水槽を調達してくれる予定のショップの方と相談してみようかなぁ、に至って結局なにも決まっていないのですが、フィルターは決まりました。

113.jpg

ええ、チャー○さんでエーハイムセールしてたので即効で確保しましたよw気が早い!
憎いやつだぜ○ャーム…こんな時にエーハセールねじ込んできやがるとは…。

ありがとう!

実はサブ2217は出水口径が2217の吸水口径と合わないのですが、そこはカスタムに出してサブの出水口径を変更してもらう予定なので問題無し。まぁホースジョイントもあるのですが、途中で口径狭めると圧が掛かりますからね。
そこでは外部フィルター内にヒーターを組み込むカスタムもしてくれるらしいので、極度のヒーター嫌いな私はそれも頼みたい所ですが…夏は要らないしヒーター交換どうするんだろう?という疑問が。
問い合わせしてみて、交換ができそうならヒーターインカスタムもしてもらいたいなぁ…。邪魔だもんなぁ、ヒーター。

なんか3月頃切り替えなんて言ってたけど、この調子だと1月か2月には切り替えてそうな勢いだw



rank.png

水槽機材

  • Share

0 Comments

Leave a comment