水槽と籠の隙間で

ARTICLE PAGE

in 60WOF水槽

懐かしの写真

-0 COMMENT
ぽちぽちHDDを漁ってたら、60WOFを初めて立ち上げた時の画像が出てきた。

164.jpg

ザ・殺風景。

実はアクアリウムの入口は海水でした。1年でリセットしちゃいましたけどねw
30cmハイで最初は立ち上げたのですが、1ヶ月かそこらで60WOFに移動。

165.jpg

30水槽の時はチャー○で買ったライブロックが腐ったり混泳を知らずにルリスズメとデバスズメをいれてデバスズメが殺されたり、本来の目的(隔離箱にいるサカサクラゲ)が気づいたらいなくなってたり。…あ、サカサクラゲが消えたのは60WOFに変えたあと、盲腸入院中に消えたんだったなw
とにかく、色々ありました(;´д`)

そして全盛期。

096.jpg

一番サンゴの状態がよかった頃ですね。生体数が少ないからか亜硝酸がほぼ出なかったために水換えは月1回か2ヶ月に1回でも大丈夫、茶苔も一切出ずという最高な環境でした。ハードコーラルとシャコガイも超元気だったあの頃…。

が、ここにイソギンチャクを入れたが為に一気に崩壊、リセットと相成りました。

あの時はリセットするかしないかでえらい悩んだ記憶がありますw淡水ならささっとやってしまうのですが、いかんせん海水ではそれはできませんでしたね。
結果、サンゴは全滅、ケヤリはハゲ散らかし、残った整体は古参連中(ルリ・ハタタテ・カウデルニィ・スカンクシュリンプ)のみという惨状。このままイソギンが垂れ流した毒水で殺してしまうのも偲びなかったので、ショップに全員引き取ってもらいました。
海水を閉じたらブラックゴーストにしようと決めていたので、その後海水からは手を引き、黒介さんの新居となったわけです。

じつは個人的に海水魚には好きな魚が淡水より多かったんですよね。ハタタテハゼはその筆頭。中学生の頃から好きな魚だったし、飼っていて更に愛着わいていたので手放すのは結構キツかったです。対して高い魚ではないんですけどね…値段じゃないんだ!!
他の子は買われて行ったのかどうなのかわかりませんが、未だにルリとパイプウニは引き取ってもらったショップの非売品タンクにいるので、ショップに行くたびに眺めていますw

今は淡水の、とくに中型魚に手を出してから淡水にガッツリはまってしまいましたがw
というか、両方飼って思ったのですが、淡水の方が人に慣れますね。海水の方は1年飼っても餌くれダンスしない奴がザラでしたのでw

海水魚は色合いが好きなのでまたいずれ飼いたいなーと思いつつも、冬の水換え負担と必須装備の金銭負担が淡水の比ではないのを痛いほど理解しているので、流石にもう手は出ないかな…?

いや、でもまたいつかは…(懲りてない)



rank.png

海水

  • Share

0 Comments

Leave a comment