水槽と籠の隙間で

ARTICLE PAGE

in 60規格水槽

SH対応の蓋

-0 COMMENT
スネークヘッドはとにかく飛び出し死亡事故が多いと聞きます。
通り抜けられそうな隙間はとにかく塞げ!蓋はとにかく重く!ってやらないと、狙ったようにそこから飛び出したり、蓋押し上げて飛び出すんだそうで。

179.jpg

我が家の水槽の蓋は、ベタ水槽と臨時の稚魚水槽以外は基本的にアクリ屋さんで作ってもらった特注品です。
白部さんちのとこの蓋は元々小型魚だけを飼育する予定だったので、パイプ周辺を取り回し易いよう大きめの穴を開けてもらったり、餌の時に蓋開けなくてもいいよう餌穴があったり、加えてライトの足が干渉してしまうのでそこを回避したりで結構穴だらけ。
重さ自体は結構なものなのですが、いかんせん飛び出す可能性のある穴が多いので、そこは全部スポンジで塞いでました。

が、正直この様相はカッコ悪い…。

しかも蓋外すときが本当に面倒くさい!いや、そういうふうに設計してしまったから仕方ないのですがw
なので、スネークヘッド用に新しく蓋を発注するにあたり、ライトは上置きから吊り下げにしたいな…と思ってチャー○で見たら今使ってるやつが吊り下げ対応だったという罠。新しく買う必要が無くなったのでちょっとラッキーなんて思ってみたりなど。
そして吊り下げるなら吊り下げ用のスタンドが必要。

なので海水時代に使っていたメタハラスタンドを久しぶりに引っ張り出してきました。

180.jpg

これも60cm対応なので、このまま載せてもいいのですが…そうすると結局また蓋と足が干渉してしまう。
ので、実家の工場にお邪魔してちょっくら魔改造。

181.jpg

切ったり削ったり穴開けたり。

184.jpg

完成!我が家専用ライトスタンド。

185.jpg

後ろの仕切りのパイプに固定してあるので、水槽には一切干渉しないスタンドに様変わり!
グラつかないし、いい感じです。

186.jpg

既に発注してあったNEW蓋は最低限の穴しか開けてません。ちょっと残った隙間も、白部さんの体のサイズでは絶対に通り抜けられない大きさ。

187.jpg

餌穴にもアクリル蝶番で蓋つけましたw
この餌蓋は軽いので、押し上げられないようその内ちょっとした鍵的なものをつけたいですね。

今日は水換えをもっと楽にするために100Lタンクをホムセンに買いに行ったので、白部さんを買ったペットコーナーについでに寄って「プラーチョンでしたよw」とコーナーチーフさんに教えた所、「まじすか…!」と驚かれてました。どうやら問屋さんが「ウチはレインボーしか入れないから!」って事で仕入れたそうですw

問屋さんコノヤロウ!



rank.png

水槽機材スネークヘッド

  • Share

0 Comments

Leave a comment