水槽と籠の隙間で

ARTICLE PAGE

in その他

沼津の水族館巡り!

-0 COMMENT
27日からアクア仲間のこばさん(アナバス属と私)が泊まりで遊びにきているので、2日目は我が地元の水族館巡ってました。
沼津深海水族館あわしまマリンパーク、そして私がいつもお世話になっているアクアショップ。

深海水族館ではこんなのを買ったりして。

211.jpg

んであわしまマリンパークに移動したら、丁度バックヤードツアーの募集していました。予定にはなかったのですが、楽しそうだしという事で参加してきました!

212.jpg

197.jpg

一階はほぼ配管と巨大な濾過槽。申し訳程度のスペースに飼育員さんの仕事道具が並んでいました。
基本的に二階が作業スペースだそうです。

199.jpg

階段を上ると、大量水槽が並んでいました。トリートメントスペースですね。展示水槽には居ない種類の魚もいくつかいました。トリートメントが終わったら、大水槽や展示水槽に移されるのでしょう。

200.jpg

トリートメント水槽のOFのウェット濾過槽。ごっついです。濾材2~30kgはありそう。

205.jpg

そしてこんな所にもエーハイムが。さすが安心と信頼のエーハイムやでぇ。
サイズ的に2080ぐらいかな?ほ、ほしいw

198.jpg

餌を作る水場。年季入ってますねw
ちゃんと体重やカロリー計算から割り出したグラム単位で各々の餌を作っているそうな。

213.jpg

そしてこんな所にもテトラミンが。
ラベルが後ろを向いている赤い蓋の瓶はすりおろしたにんにくだそうです。風邪予防的な意味合いで試験的に上げているそうな。魚もちゃんと食べるそうですが、やはりにんにく…「にんにく臭くない?」との苦情を受けてから16:00時以降にしか上げていないそうですw

201.jpg


トリートメントルームを抜けると、ウミガメ飼育のトロ舟が2つ。4匹おり、ちゃんとそれぞれに名前が付いていました。
この写真の子は「こうめ」ちゃん。めっちゃ元気に餌くれダンスしてました。

その反対側にはイヌザメとネコザメが。

203.jpg

撫でさせてもらえるので、遠慮なくナデナデしてきました。当然サメ肌なのでザラザラ。
さらに進むと、一番奥は一階巨大水槽の真上。

207.jpg

でかいです。憧れますねw

204.jpg

奥の方にごっついスキマーが置かれてました。ひと抱え分はありそうです。

208.jpg

大水槽の上には二階の展示水槽の裏側が。深海系が飼育されていたので、ライトは赤ライトで暗めのようです。
このすのこのような足場のすぐ下は例の大水槽への穴なので、高所恐怖症の人には地獄ですねw

206.jpg

大水槽の上から戻ると、ホルマリンで保存作業中のダイオウグソクムシさんがタンクに密封されてました。いずれこのダイオウグソクムシは瓶詰にされてどこかで展示されるのでしょう。

ちなみに今の時期、二階でダイオウグソクムシを触れる!というイベントをしていたのでヌタウナギ、タカアシガニ、オオグソクムシと一緒に触ってきました。
個人的にはヌタウナギのヌタヌタ感が結構好きwというか、頭のフニフニ感がとっても黒介さんを連想させて親近感湧いたwしかしヌタウナギは夜になり消灯するとものすごく活発になるようで、一度蓋を忘れて電気を消した所、全部のヌタウナギが水槽から脱走していたと飼育員のお姉さんが話してくれました。なんと水槽から数十メートル先にある階段の方にまで移動していたそうです。
ヌタウナギすごい。

202.jpg

その後はウミガメに餌をあげたり、カメ持たせてもらいつつ記念撮影したりしてバックヤードツアーを堪能しました。

210.jpg

最後にキホウボウの乾燥標本を頂き、バックヤードツアーは終わり。
ツアー自体は1000円程取られますが、普通に館内を見回るだけではなかなか体験できない事を沢山させてもらったり、飼育や捕獲の体験談なんかを面白可笑しく話して貰えるので、その価値は十分あるのではと思いました。



帰りにはいつものアクアショップに寄り、90水槽で使う予定のADAパイプを発注し、こばさんと一緒にスネークヘッドや古代魚眺めてあれ飼いたいこれ飼いたいと騒いできましたw
古代魚コーナーを眺めていたら、アフリカンナイフという黒介さんを灰色にし目をくりっと大きくした感じのナイフフィッシュがいたのでちょっと欲しくなってしまいましたが、気性やどの程度大きくなるか解らないのでとりあえず保留に。
先ほど調べてみた所最大20cm程らしいので、90水槽に切り替えた時まだショップで売られてたら買ってきちゃおうかな、とw

あとナイフフィッシュといえば深海水族館の方にスポテッドナイフフィッシュが展示されていたのですが…思ったより可愛くなかったので、実は気になっていたんだけど飼いたいリストから外れましたw



いやしかしこの日は本当に魚充できた!今度は古代魚もたんまり飼育されているアクア・トトぎふとか行ってみたいですね。



rank.png

水族館

  • Share

0 Comments

Leave a comment