水槽と籠の隙間で

ARTICLE PAGE

in 60WOF水槽

濾材

-0 COMMENT
床補強の業者さんはいつ頃から仕事始めなんだろうか?

234.jpg

まぁ施行までは時間がありそうなので、濾材を2075と濾材保管箱から引っ張り出してきました。
エーハイムサブストラットプロ・レギュラー2Lとバイオメック1Lです。
90水槽立ち上げてから足りない分はこれらを追加する予定ではあったのですが、せっかくOFでサンプが空いてるなら、立ち上げまでの間に濾材にあらかじめバクテリアを付けておこうかなと思い立ったわけです。

235.jpg

濾材3Lっていざ開けてみると少ないものですね…。

236.jpg

流刑地(サンプ内)に潜ませます。
アカヒレの行動範囲が狭まりましたが、まぁいいでしょう。

OF水槽ではトータル6L以上のセラミックリング濾材を使用しており、それを流用するつもりなので2217や2075の濾過槽のサイズを見ても十分足りてるといえば足りてる感がありますが、足りなかった時の為にね。
しかし2075、見た目の割に濾過槽小さいですね…まさかこんだけしか入らないとは思わなかったw
こう考えると、ほんとOF水槽の濾過槽のサイズは他とは比べ物になりませんね。今の濾過層も濾材ケチって半分程度しか使ってなかったし、90水槽用サンプにしたらこれの倍以上は入りますし。そりゃ濾過力ならOF一択なわけだ。
どうぞ回してみてください、良い楽水音でしょう。余裕の音だ。

馬力が違いますよ!

…じゃないよ。OFから外部に替えるんだよ私は。
正直OF水槽はまだまだ心残りではあるけれどw落水音はうるさいのでそのへん外部はいいですね。

223.jpg

あまり載せる機会もない水槽上部からの視点。
そういえば気付いたらバルテリーさんが来た頃の半分ぐらいのサイズに削られていますね。黒介さん…(;´д`)

90水槽にしても水草はそのまま使うつもりだったけど…ミクロソリウムの寄せ植えはまだしも、バルテリーは買い替えないと見栄えが悪そうだ。



rank.png
  • Share

0 Comments

Leave a comment